犯罪対策について

クレジットカードに関する犯罪は多くあり、その対策も多くあります。 しかし、それでも被害に遭ってしまうことも、十分ありえます。
ということで、もし被害に遭ってしまったとき、そして対策についても踏まえてお話をしていきたいと思います。

カード犯罪関連の保険に入る

対策の1つではありますが、まずはカード犯罪に関する保険に加入しておくことをオススメします。 そして、被害に遭ってしまった場合は、速やかに補償してもらうよう手続きをします。 これが、一番、安心な被害後の対応かと思います。
最近では、カード会社もこの手の犯罪に重きを置いて対応するようになっています。 理由は簡単で、被害に遭ってしまった方からの支払いがされないことが多いため、カード会社としても非常に痛いからです。 そこで、最近ではカード会社から自動付帯として、この手の犯罪の保険がサービスで付与されることが多くなってきています。

スキミング

例えば、スキミングによる不正利用。 これは代表的な犯罪となるため、多くの保険が対象としているものです。 自身のカードも対象となっているか?を早急に確認することをオススメします。

ネット通販(オークション)の空商品

最近、多くなってきているのが、この空商品でのオークション被害です。 「落札したのに商品がこない!」というやつですね。 こちらも、昨今、急激に増えている事象のため、保険適用内として自動付帯されるよになってきています。

漏えい時の対応をチェックしておく

カード情報をむやみやたらに入力しないという対策をしつつも、それでもやはり犯罪にあってしまうものです。 もしフィッシング詐欺などに引っかかってしまった場合は、自分に落ち度があるため、まだ我慢はできるかと。
しかし、怖いのは「情報漏えい」です。
いたちごっこの部分もあるため全てを防ぐことは難しいという現状があるので、一定の理解はできるものの、やはり利用者側からしたら「セキュリティはどうなっているの!?」と怒りが収まらないかと。 ただ怒っても仕方がないため、ここはグッと冷静になり、漏えいしてしまったカードの利用履歴はしっかりとチェックしておいてください。 利用履歴を保存しておくようにしましょう。 そうすることで、後々、企業側が対応するときに補償しやすい状況になるため、事がスムーズに進むことがあります。
情報漏えいに関しては、とにかく冷静になることも大事な対応となります。

Copyright (C)クレジットカード犯罪の対策について. All Rights Reserved.