インターネット系の犯罪が急上昇中

インターネットとクレジットカードの関係というのは、切っても切れないほどの縁と、今はなっています。 それほど、お互いの相性がよいアイテム同士となっているわけです。 しかし、残念なことに、利用者が増えれば増えるほど、そこをつけ狙う犯罪というものが出てきてしまうのです。 結果、現在ではインターネットを利用したクレジットカード犯罪というものが急増しています。
ここでは、代表的な犯罪例を紹介していきます。

フィッシング詐欺でカード情報を盗み取る

今や、この手の犯罪の代表例といっても過言ではないほど、大きな被害を受けている犯行です。 その内容は、非常に簡単なものです。 「パスワード更新時期が来ました」など巧みな文面でメールを送りつけ、添付されているURLへジャンプするように促します。 そこには、個人情報(クレジットカード番号も含め)を入力するようなフォーム画面が用意されており、そこからさまざまな情報を得る手口です。

「私のメールアドレスなんてどうやって手に入れるの?」と不思議に思うかもしれませんが…。 実は、ランダムにメールを投げるような悪質なソフトがあるのです。 要は、aaaaaa@hotmail.co.jpやxpxpxpxpxpx@hotmail.co.jpのような感じで「誰も利用していも構わない」のです。 数を打てば誰かに当たると理解してもらえればイメージしやすいかと。 受けた当の本人は「教えた覚えがないけど名だたる企業からのメールだから、以前に登録したのかも?」と勘違いをしてしまい、この手口に引っかかってしまうわけですね。

正規のサイトか?をしっかりと確認

この手の犯罪を防ぐためには、個人情報を入力する前に、必ずそのサイトが正規のサイトか?を確認するようにしましょう。 実はURLも巧妙に似せているため、なかなか見分けがつかないときもあります。 したがって、一番なことは、メールに添付されているURLから直接、飛ぶのではなく、もし変更するのであれば、公式サイトのトップページから飛ぶようにしましょう。
併せてチェックしておきたいのは、URLの先頭に「https」という文字になっているか?を確認してください。 個人情報を入力するときには、必ずチェックしなければいけないことです。 平たく言えば、入力した内容を暗号化してサーバーにアップしてくれるサイトという意味です。 詳しく記載すると、かなり専門的な説明になってしまうので控えますが、とにもかくにも「http」ではなく「https」となっていること確認してください。

ヴィッシング詐欺と呼ばれる方法も!

こちらは、あまり聞きなれていない方も多いかもしれません。 手口はフィッシング詐欺と似ており、これの電話版と理解していただければよいかと。
メールをランダムに送付し「至急、電話して欲しい」という旨の内容となっています。 受け取った方は、驚いてしまい、ついつい電話をしてしまいますよね。 後は、巧妙な話術で、あの手この手であなたの個人情報を聞き出そうとする手法です。
こちらは、基本的にカード会社などからは「至急連絡して欲しい」という連絡はありません。 もし連絡をして欲しければ、会社側からあなたに連絡してくれるので。 したがって、この手のメール内容は、最大限の注意を払って対処するようにしてくださいね。

「なりすまし」も油断をしてはいけない!

フィッシング詐欺と並んで、知っておかないといけない犯罪の1つです。 いわゆる「パソコンウィルス」と呼ばれるものを利用した犯行です。
スパイウェアやキーロガーと呼ばれるウィルスを感染させログイン情報を採取します。 その後、そのIDでさまざまなサイトにログインし、さらに個人情報を採取し、それを悪用するというわけです。

例えば、アマゾンや楽天、ヤフーショッピングなどには、決済するときにカード情報の入力する手間を省くために、先に番号を始め、さまざまな情報を登録してあるかと思います。 それを採取して、悪用するわけですね。 手にした情報は、犯行によって、使い方がさまざまなので、一概には言えませんが、カードの不正利用は多くある使い方の1つです。

履歴をしっかりと確認

対策するには、まずはパソコンのウィルス対策ソフトを導入し、常に最新の状態を保つことです。 さらに、それだけで安心せずに、定期的に各利用サイトのアクセス履歴と購入履歴をしっかりと確認することです。 もし、不正アクセスなどがあった場合は、直ぐにそのサイトのサポートセンターなどに連絡するようにしましょう。 企業側も、この手の犯罪には敏感に反応してくれるため、迅速に対応してくれるはずです。

その他にもたくさんあるから気を付けて!

ここでは、紹介しきれないというほどの、ネットを利用した犯罪が存在します。 繰り返しになりますが、しっかりと情報を得るようにし知識を身に付けて対応するようにしましょう。 最近では、クレジットカードマスターと呼ばれるような犯罪も横行しているらしいです。 しっかりと、カードの利用履歴も確認するようにしましょうね。

Copyright (C) クレジットカード犯罪の対策について. All Rights Reserved.